まぶたが重い原因

まぶたが重いのは眼瞼下垂が多い

まぶたが重いのは眼瞼下垂が多いまぶたは時に目を閉じることでまぶしい光を遮り、ホコリやゴミなどが目の表面を傷つけることを防ぎ、まばたきによって目の表面を潤すなど、目そのものを護るために大切な役割を果たしている部位です。また、目の周辺という目立つ場所にあって顔の印象に大きな影響をあたえてもいます。
それだけにまぶたに疾患が生じると目への悪影響だけではなく、顔全体の印象をも変えてしまうケースがあります。

炎症性によるまぶたの疾患

小児~高齢者のまぶたの疾患として最も多いのは、ものもらいなど炎症性の疾患です。その他虫刺されやアレルギーによる眼瞼炎もよく見られます。他、ヘルペスウイルスによる帯状疱疹やイボ・ほくろなどの腫瘍もあります。。

加齢によるまぶたの疾患

大人のまぶたの疾患には、まぶたが内側をむいて逆さまつげのような症状をおこす眼瞼内反症や、日本人には稀な例ですがまぶたが外側に反ってしまう眼瞼外反症などがあり、その中でももっともポピュラーなものとしては、加齢によってまぶたが下がってきてしまう眼瞼下垂が挙げられます。

眼瞼下垂になる原因

眼瞼下垂になる原因成人のまぶたの病気としてもっともポピュラーな眼瞼下垂がおこる仕組みとしては、次の2つの筋肉がかかわっています。

  1. 眼瞼挙筋(がんけんきょきん)
  2. ミュラー筋

この2つの筋肉の働きが弱まってくると、眼瞼下垂が起こります。原因のうちもっとも多いのは加齢による自然な筋力の低下で、60歳をすぎたあたりから増えはじめ、70~80歳代で罹患数が最大になります。
一方で、最近ではコンタクトレンズ、とくにハードコンタクトレンズを長年使用することで、まぶたの裏側が刺激され続け、筋力が低下するケースが増えてきています。

脳動脈瘤やその他重篤な体の病気の可能性

眼瞼下垂をおこすのは、まぶたの筋力の低下だけではなく、その裏に重篤な体の病気が隠れていることがあります。
たとえば、脳動脈瘤、糖尿病の合併症である動眼神経麻痺、重度筋無力症などが水面下で進行しており、その症状のひとつとして眼瞼下垂がおこっていることも考えられます。
これらの病気は放置すれば命にもかかわるものとなってしまいますので注意が必要です。
まぶたが重い、さがってくる、目が開きにくいなのどの症状を感じたら、放置せずに一度眼科にご相談ください。

眼瞼下垂の検査・診断

成人の眼瞼下垂の原因は単に老化だけではなく重篤な病気までさまざまなものが考えられます。そのため、眼科の専門医による診断は必須といって良いでしょう。

眼科診療の3大基本検査:視力・眼圧・眼底検査

眼科診療の3大基本:視力・眼圧・眼底検査眼瞼下垂が疑われる場合でも、視力・眼圧・眼底の基本的な3つの検査は必須のものです。
眼科医はこの検査をもとに、総合的に目の状態から体の疾患までを判断しています。

視力検査

裸眼の視力と、眼鏡やコンタクトレンズを装着した状態の矯正視力の検査の両方を行います。

眼圧検査

眼球内では房水が栄養を運び、不要となった老廃物を外部に排出しています。房水は同時に目の圧力(硬さ)を一定に保つための働きもしています。この目の圧力を測り、目の異常を検出するための検査が眼圧検査です。

眼底検査

目の最深部にある網膜、目と脳を繋げる視神経、それらに栄養を運ぶ血管、眼底には視覚にとってもっとも大切な部位が集まっています。この大切な部分を、瞳孔を通して確認するのが眼底検査です。

眼瞼下垂の治療

眼瞼下垂の治療眼瞼下垂を根本的に治すには手術が必要です。手術自体は片目だけの場合30分程度、両目同時の手術でも60分程度で終わり、日帰り手術で行います。
当院では、経験豊富な専門医が執刀を担当しており、下垂を治すだけではなく、なるべく自然な仕上がりになるように配慮しております。また手術にあたっては、炭酸ガスレーザーの使用により、出血を最低限におさえ、患者さんの負担をできる限り少なくしています。
保険適用で、費用は1割負担の方は約8千円、3割負担の方は約2万4千円です。

眼瞼下垂を気付くには

眼瞼下垂になると視野が狭くなります。視野の中にまぶたの影が入って視界のじゃまになってくることで症状に気づく方がいます。また、目を見開いたことでものが見やすくなることに気づき、実際に自分でまぶたをあげてみて眼瞼下垂だと気づく方もいます。まぶたが下がって見えにくくなるため、ものを見るときに顎があがってしまうチンアップという状態から気づく方もいます。
このように眼瞼下垂はご自分で症状に気づきやすい疾患です。

眼瞼下垂と思ったら必ず眼科受診を

成人の眼瞼下垂は、ご自分で症状に気づきやすい半面、日常生活に支障がなければそのまま放置しがちな疾患でもあります。しかし、実際は加齢性のものだけではなく、脳動脈瘤や糖尿病性の動眼神経麻痺など重篤な病気が隠れているケースもあります。
少しでも眼瞼下垂の症状を感じたら、かならず眼科を受診するようにしてください。
治療にさいしても、眼瞼下垂がいつごろから始まり、どの程度進行しているのか、正確な状況を確認することが肝心です。そのためにも、繰り返しになりますが、眼科を受診することがとても大切になってきます。

TOPへ戻る
045-731-1113 WEB予約 045-731-1113 WEB予約