なみだ目(流涙症)

かめざわ眼科TOP > なみだ目(流涙症)

なみだ目(流涙症)について

実は意外と奥が深い病気です

「なんで悲しくもないのにこんなに涙が出るのですか?」「涙を止める方法はないですか?」とよく質問を受けます。
目が潤んで涙がたまる状態をなみだ目、更に目尻や目頭からこぼれ落ちる状態を流涙症(りゅうるいしょう)と言います。
涙が邪魔で、かすみ目の原因になり、時に目尻や目頭の皮膚もかぶれ、非常に不快な症状を伴います。
大別すると、「分泌性流涙」と「導涙性流涙」と2つのタイプがあり、片方だけでなくそれらが合併している場合も多く見られます。

分泌性流涙

分泌性流涙はドライアイやアレルギーなどが関与して、目の表面が過敏になっていて刺激に対し過剰に反応して涙が分泌されてしまうことが原因です。
主な治療としてはドライアイやアレルギーの治療と同様に、点眼薬などの内科的治療が中心になります。

導涙性流涙

導涙性流涙は、涙の排水管(涙道)がつまり、涙がのどに抜けなくなるために起こります。 治療は外科的治療となり、既存の排水管のつまりを取って再開通させるか、新しく排水管を作る手術を行います。

合併している場合

合併している場合は、まず点眼薬などによる内科的治療を行い、効果が不十分な場合に手術を検討します。

原因の調査がとても重要です

必要不可欠な検査

1. 目の表面・涙の状態を確認する検査
(細隙燈顕微鏡検査/フルオレセイン染色/シルマーテスト)

2. 涙道のつまりを確認する検査(通水検査)

場合によりドライアイやアレルギーの検査も必要です。

なみだ目(流涙症)は立派な「目の病気」です。<


涙道手術について(ヌンチャク型シリコンチューブ手術)

涙は涙腺から作られ眼表面、涙点、鼻涙管を通り鼻に抜けます。
鼻涙管狭窄、閉塞とは、何らかの原因で鼻涙管が細くなったりつまったりすることで、これによって涙の行き場がなく眼にたまりこぼれ落ちるというような症状がでてきます。
このため、涙を拭うためのハンカチが手放せなくなったり、症状がひどい時には眼のまわりの皮膚がただれることもあります。

手術

上下の涙点から鼻涙管にヌンチャク型シリコンチューブを挿入することで、鼻涙管内を拡張し涙の通り道をつくる手術です。
皮膚の切開や縫合はしないため負担の少ない手術です。

※手術時間は15~20分程度ですが、当日は全部で約1時間程度です。
※当日はお一人ではなく、付き添いの方とご一緒に来院して下さい。

手術費用(片眼)

1割負担の方・・・・約4,500円
3割負担の方・・・・約13,000円

術前検査

視力/眼圧/細隙燈顕微鏡検査/フルオレセイン染色/シルマーテスト/通水/血液検査

手術は予約制です

手術後

・麻酔で眼の動きがにぶり、二重に見えるため、手術後少しの間眼帯をします。
・麻酔によって眼のまわりの皮膚が腫れたり、内出血することもありますが1~2週間で通常に戻ります。
・お酒やタバコは1週間ほど控えて下さい。
・術後約3ヵ月後にチューブを抜きます。

手術後検診

定期的に通水をし、鼻涙管内を洗浄します。

・翌日
・2~3日後
・1週間後
・2週間毎
・3ヵ月後(チューブ抜去時)


当院の概要

かめざわ眼科
住所
〒232-0064
神奈川県横浜市南区別所3-8-3
クリニックビル3F
TEL
045-731-1113
FAX
045-731-1121
診療時間
月・火・水・金
09:00~12:00
14:00~18:00
土・日
09:00~12:00
土曜日の午後は手術を行っております。
休診日
木曜日・祝日

アクセス
京浜急行線(京急)・横浜市営地下鉄ブルーライン「上大岡駅」
カミオ前発バス(11番バスのりば)にて5分「別所宮下」バス停下車徒歩約2分
※クリニックビル専用駐車場あり(9台分)・駐輪場も完備しております。
当院へのアクセス(交通手段)には「かなちゅう(神奈川中央交通)」のホームページが便利です。

かなちゅう時刻表・運賃案内
バス停の路線案内図

ページのトップへ