ドライアイ

はじめに

疲れ眼、それはドライアイかもしれません。
眼が疲れやすい、あるいはなんとなく眼に不快感を感じるという人が増えています。
テレビやパソコンなどに囲まれて眼が酷使される現代では、疲れ眼や不快感があると仕事のみならず、日常生活でも大変不便に感じることでしょう。

こういった疲れ眼の原因で、最近注目されてきたのが眼の乾き、ドライアイです。
眼が疲れやすいのは、眼を使い過ぎたためばかりでなく、もしかしたらドライアイとういう病気の一つの症状かもしれません。

ドライアイとは

眼が乾くために、不快な状態が現れるドライアイ

ドライアイは、涙液の減少あるいは質的な変化により眼の表面に障害を生じる疾患です。涙が足りないと涙の役割が低下するので、眼は乾いて傷つきやすい状態になり、重症になると眼の表面に無数の傷がついている場合もあります。

目が乾くために、不快な状態が現れるドライアイ

ドライアイの可能性を自己判断してみましょう

ドライアイ・チェック項目

  • 眼が疲れやすい
  • めやにが出る
  • 眼がごろごろする
  • 重たい感じがする
  • 眼が乾いた感じがする
  • 何となく眼に不快感がある
  • 眼が痛い
  • 涙が出る
  • ものがかすんで見える
  • 眼がかゆい
  • 光を見るとまぶしい
  • 眼が赤い

5つ以上ならドライアイの可能性があります。

さらに10秒以上眼を開けていられない、まばたきの回数が多い(40回/分以上)なら、その可能性がさらに高いといえるでしょう。

ドライアイの原因

生活習慣病としてのドライアイ

ドライアイになる最初の原因は眼球表面の涙液の量が減ることですが、それには涙液の分泌の低下と、涙液の蒸発が多くなることの二つが影響しています。
その背景として、次のような要因があげられます。


空気の乾燥

空気が乾燥していると、眼の表面から涙液が蒸発しやすくなります。
このためドライアイの人の多くは、秋から冬にかけての季節の変わりめに症状が強くなります。本来は湿度が高い夏場も、クーラーの利いた部屋にいると眼が乾きます。

パソコンや携帯電話

瞬きが少ない

意識しなくても、ふつう3秒に1回ぐらい瞬きをしますが、なにかに集中していると、瞬きの回数が滅ります。
例えば読書で6秒に1回ぐらい、パソコン操作で十数秒に1回程度になります。
その結果、涙液の蒸発が進む反面、分泌は低下し、涙の膜が途切れてしまいます。
最近はパソコンや携帯電話などの普及により、VDT症候群※1と呼ばれる状態の人が増えています。


瞬きが不完全

瞬きの瞬間しっかりまぶたを閉じていない人がいます。
そのため、瞬きをしても眼球表面の下の方はいつも潤わないことになります。
眠っているとき薄目を聞いている人や、コンタクトレンズをしている人に多い傾向があります。


コンタクトレンズの装着

コンタクトレンズが水をはじくために、眼が乾燥することがあります。また、角膜が覆われてその感度が鈍くなることや、瞬きが不完全になることで、涙の分泌が低下します。レンズの汚れや傷が涙の膜を不安定にしたり、結膜のムチン分泌を低下させることもあります。
以上のような、環境要因の影響力が強いドライアイは"眼の生活習慣病"といえますが、ドライアイの原因は、これら以外にもあります。

※1 VDT症候群:VDTとは、Visual Display Terminal画像表示端末、つまり、パソコンやテレビ、携帯電話などのことです。 これらの操作時は、画面を見ることに集中し、瞬きの回数が極端に減ったり視線を激しく移動するため、眼に大変負担となり、疲れ眼やドライアイを引き起こします。 また、頭痛やめまいが起きることもあります。高度情報社会の申し子ともいえる病気です。

ドライアイのそのほかの原因

シェーグレン症候群

中年の女性に多い病気で、眼や口、鼻などの粘膜が乾燥し、関節痛が起きることもあります。
涙はほとんど分泌されず、強いドライアイの症状が現れます。

マイボーム腺が詰まる

マイボーム腺は、油層の成分を分泌する所です。
マイボーム腺がなんらかの原因で詰まると、油層の形成が不完全になり、涙液の蒸発を防ぐことができません。

結膜炎など

近年患者数が増加しているアレルギー性結膜炎などでも、結膜のムチン分泌が減り、ドライアイを招きます。

ドライアイの診断、原因を調べる検査

シルマーテスト

ドライアイの診断ではまず、涙がどのくらい不足しているかを調べるシルマーテストを行います。
下まぶたにろ紙を挟んで5分後に10ミリメートル以上濡れていれば正常、5ミリメートル以下だとドライアイと診断されます。涙腺の機能や涙の交換率を調べるため、方法を少し変えて検査することもあります。

フルオレセイン染色

角結膜が傷ついていないかを調べる検査です。
角結膜が擦りむけている部分が確認できます。

このほか、涙の膜の安定性を調べたり、マイボーム腺を調べる検査なども行われます。

ドライアイの対策(治療)

対策1 日常生活

普段の生活に少し気をつければ眼の渇きを軽くすることができます。

パソコンなどの作業は休憩が必要。

リラックスを心がけ、眼が疲れたら休ませましょう。温かいタオルなどで目を温めるのもよい方法です

なるべく上を見ない。

テレビやパソコンの画面は、目より下方に置くようにしましょう。

お部屋の湿度を保つ。

加湿器や濡れタオルなど干すなどして保湿に注意しましょう。


対策2 目薬

眼科を受診し、医師の処方した目薬をさす。

症状が強い場合や長びく場合は、眼に傷が付いているおそれがありますので、眼科を受診し、医師の指示に従うほうがよいでしょう。

市販の目薬をさす。

検査の結果、軽症のドライアイであれば、医師の指示によって市販されている目薬をさせばよい場合もあります。


対策3 涙点プラグ

涙点プラグとは、ドライアイへの治療法のひとつであり、涙点(涙の流出口)にプラグ(栓)を差し込むことにより、涙を目の表面にため、ドライアイを軽減させる治療の1つです。


対策4 ドライアイ専用眼鏡

ドライアイ専用眼鏡とは、普通のメガネのフレームのまわりに保湿用のカバーを取り付けた眼鏡のことです。
メガネやコンタクトをしなければならないくらいの近眼でドライアイの方には、ドライアイ用の眼鏡をかけるのをおすすめしております。


まとめ

ドライアイは、800万人以上のもの患者様が悩まされていると推定されるにもかかわらず、病気としての認識が低い疾患でもあります。

前述以外でのちょっとした不快感など、早期の診断がより快適な毎日に繋がります。
どうぞお気軽に、当院にご相談下さい。(当院のドライアイ外来について)

診療時間
09:00~12:00
14:00~18:00
休診日 木曜日・祝日 土曜日の午後は手術を行っております。
住所 〒232-0064
神奈川県横浜市南区別所3-8-3  クリニックビル3F
TEL 045-731-1113
FAX 045-731-1121
アクセス 京浜急行線(京急)・横浜市営地下鉄ブルーライン「上大岡駅」 カミオ前発バス(11番バスのりば)にて5分「別所宮下」バス停下車徒歩約2分 ※クリニックビル専用駐車場あり(9台分)・駐輪場も完備しております。 当院へのアクセス(交通手段)には「かなちゅう(神奈川中央交通)」のホームページが便利です。